ガネーシュヒマラヤ産水晶&クローライト入り


ヒマラヤ水晶はヒマラヤ山脈で採掘された水晶で、水晶は地球上で最も強力なエネルギー増幅作用とヒーリング作用があるといわれています。
神々が住む山として古代より崇拝されているヒマラヤはとても霊力が高い場所であり、そこで生まれた水晶は強い特別な力を持っているとされています。
実際に手にすると他のものに比べ強いパワーが感じられます。

ヒマラヤ産水晶が産出される鉱山は標高4〜5000mの場所にあり、採掘が極めて困難であるため、中国産やブラジル産の水晶よりも希少価値が高いとされています。

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆

ネパール王国エリアのヒマラヤ山脈の中の標高7000mを誇るマナルス連邦
そのマナルス連邦の中のガネーシュヒマール山(標高7406m)が
『ヒンドゥー教の神ガネーシャが住む山』 『宇宙に一番近い山』と言われ遠い昔から崇められてきた聖地です。

ここでの水晶の採掘はその村の出身の許可を得た人だけが採掘を許され、人を拒むようなとても険しい山に数日間かけて登山し採掘されています。
この聖地での天然石の採掘は通常の爆薬などを使った方法ではなく、人による手堀りなので高波動でエネルギーが強く、他の産地の相場の価格より全体的に価格が高くなっています。

現在では採掘が困難になり、危険を伴うため採掘する人も少なくなってしまったようです。
そして採掘されたとしても海外に原石で渡ってしまうケースが増え、日本でビーズ状のものを手に入れるのは非常に難しくなっています。

聖域づくり↓



*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆






*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

121